U-NEXTのライブ配信チケットをコンビニで決算する方法を解説

この記事では、U-NEXTのチケット・U-NEXTカード・ギフトコードの違いや使い方を解説しています。

この記事が参考になる人は下のような人です。

本記事を読んで欲しい人
  • ライブ配信のチケットをコンビニで決済したい
  • U-NEXTを見たいけど、クレカを持っていない
  • U-NEXTの支払いを現金で管理したい
  • レンタル作品を都度課金で見たい
  • U-NEXTを解約し忘れて自動課金されるのが嫌
  • U-NEXTの利用を家族にバレたくない

U-NEXTは最新作の配信が早いですし、最近では独占配信も増えてきました。

さらにコロナ禍もあり、沢山のアーティストがライブ配信をおこなっています。

なので、上記のような理由でU-NEXTを利用しないのはもったいないです。

この記事を読んで、ライブ配信チケットをコンビニで決済する方法やU-NEXTカードとギフトコードの使い方が分かるようになります。

この記事の内容を先にお伝えしておきます。

本記事の見出し
  • U-NEXTのライブ配信チケットをコンビニで決算する方法
  • U-NEXTカードとギフトコードの違い
  • U-NEXTカードの購入方法
  • ギフトコードの購入方法
  • U-NEXTカード(ギフトコード)を使う時の注意点3つ

この記事を読めばU-NEXTをオンライン決算以外で利用する方法が分かるので

ライブ配信のチケットをコンビニで支払いたい人はもちろんですが、それ以外にも

クレジットカードで支払いたくない人や、家族にU-NEXTの利用がバレたくない人、U-NEXTを現金で管理したい人も理想のVOD暮らしができるようになります。

クレカが作れなくて無料トライアルは諦めている人は、楽天ペイにバンドルカードを紐付ければ無料トライアルが適応になります。

詳しくは「U-NEXTは楽天ペイならクレカなしで無料トライアル適応になる【スマホで完結】」を参考にしてください。

バンドルカードって何!?と思った人は「U-NEXTでも使えるバンドルカードとは?メリット・作り方・使い方を解説します」をご覧ください。

本記事は5分くらいで読み終わる記事ですので、ぜひ最後までご覧くださいね。

U-NEXTのライブ配信チケットをコンビニで決算する方法

U-NEXTライブ配信チケットをコンビニで支払うステップは4つです

  1. 31日間無料トライアルに申し込む
  2. コンビニで販売しているU-NEXTカードを購入する
  3. 裏面の数字をU-NEXTのWebサイトで入力しポイント化する
  4. ポイントを使ってライブ配信チケットを購入する

1の無料トライアルについてはクレカやキャリア決済で登録する必要がありますが、31日間無料でU-NEXTが利用できます。
しかも、U-NEXT(NHKオンデマンド)で登録すれば最初から1,000ポイントもらえちゃいます。

詳しい理由や2回目3回目も無料で利用できちゃう裏技は「U-NEXTを無料で2回目も3回目も利用する裏技【31日以内で解約すると損だった!?】」の記事にまとめてあります。

無料トライアルはいらないという方は、2からでも大丈夫です。

しかしU-NEXTカードで検索すると「U-NEXTカード」だけではなく「ギフトコード」や「U-NEXTチケット」がヒットし混乱しやすいです。

なので、まずはU-NEXTカード・ギフトコード・U-NEXTチケットの違いを解説していきます。

ひとつづつ確認すれば、誰でも理解できるようになります。

U-NEXTカード・ギフトコード・U-NEXTチケットの違い

まずは2つ
  • U-NEXTカード=実体が存在するカード
  • ギフトコード=U-NEXTのWebサイトに入力する文字の羅列

つまりU-NEXTカードには、ギフトコードが記載されています。

U-NEXTチケットは俗称みたいなものなので、あまり気にしないで大丈夫です。

どんなカードがあるのか?U-NEXTカードを詳しく見ていきましょう。

U-NEXTカードとは

U-NEXTカードの写真です

このように実体が存在するカードです。

大きく分けて2種類のカードタイプがあります。

2種類のカードタイプ
  1. 見放題+ポイント
  2. ポイントのみ

1.見放題+ポイント

見放題作品が見れるようになるのと、ポイントが付いてくるカードです。

2種類から選べる
  • 7日間見放題+550ポイント(990円)
  • 30日間見放題+1,200ポイント(1,990円)

見放題といっても作品全てが見放題になる訳ではありません。

U-NEXTが決めた見放題作品のみが視聴可能になるだけです。

それ以外の作品はポイントを利用してレンタルしたり、購入します。

ポイントの使い道や、ポイントが余りそうな時の対処法は「U-NEXTポイントの使い方を画像付きで解説」を読んでみてください。

2.ポイントのみ

有料レンタル作品に使えるポイントを課金できるカードです。

3種類から選べる
  • 3,000ポイント(3,000円)
  • 5,000ポイント(5,000円)
  • 550ポイント〜50,000ポイント(レジで指定したポイントを購入できる)

見放題付きのカードも、ポイントのみのカードも、コンビニなどの店舗で購入することができます。

上記の5種類のカードは、どこのコンビニでも売っているわけではありません。

販売している店舗が決まっています。

販売している店舗は「ギフトコード」を解説した後に紹介します。

ギフトコードとは

ギフトコードとは、ポイント課金をするために必要なコード番号のことです。

ギフトコードは3つの場所に書かれています。

書かれている場所
  • U-NEXTカード裏面
  • コンビニ端末で発券されるチケット
  • オンライン決済で購入すると発行される

U-NEXTカード裏面

U-NEXTカードの裏面には銀色のシートで目隠しされた場所があります。

この銀色部分をコインで削るとギフトコードが記載されています。

コンビニ端末で発券されたチケット

コンビニにあるコピー機やLoppi端末で払込票を発券してレジで精算します。

レジで精算するとギフトコードが記載されたチケットがもらえます。

オンライ決済で発行される

gifteeとKiigoのサイトでギフトコードを購入することができます。

オンラインで購入したギフトコードがLINEやEメール・facebook・SNSアドレスに送ることができます。

U-NEXTカードとギフトコードの違いは分かったと思いますので、最後に検索でヒットする「U-NEXTチケット」についてです。

U-NEXTチケットとは

コンビニ端末で発券される払込票やギフトコードが書かれたシートをU-NEXTチケットと呼んでいる場合があるようです。

なのでU-NEXTカードとギフトコードの意味を理解していればオーケーです。


商品の説明になってしまったので、もう一度ライブ配信の料金を現金で支払う方法をまとめておきますね。

  • STEP.0
    無料トライアルに申し込みアカウント作成しておく

    初めての場合はアカウント作成すれば31日間無料になるので作っておきましょう。

  • STEP.1
    U-NEXTカード、もしくはコンビニ端末で出たシートをレジで精算

    コンビニ端末の払込票は、現金でしか精算できません

  • STEP.2
    ギフトコードを入力

    U-NEXTのWebサイトでU-NEXTポイントに変換します

  • STEP.3
    U-NEXTポイントでライブを購入

    あとは見たいライブをU-NEXTポイントで購入するだけです

このような流れになります。

しかし、U-NEXTカードやコンビニ端末は、どこの店舗でも利用できるわけではなく、販売店舗が限定されています。

U-NEXTカードの販売店舗

U-NEXTカード・ギフトコード取り扱い店
U-NEXTカード
(現物カード)
セブンイレブン

 

ローソン

ミニストップ

ファミリーマート

ヨドバシカメラ

ヤマダ電機

ビックカメラグループ

エディオングループ

ドン・キホーテ

東海キヨスク

マツモトキヨシ

コスモス薬局

ツルハグループ

※セブン・ローソン・ミニストップ以外は550〜50,000ポイント(選択式)のみ販売

コンビニ端末
(ギフトコード:U-NEXTチケット)
セブンイレブン(マルチコピー機)

 

ローソン・ミニストップ(Loppi)

オンライン決済
(ギフトコード)
Amazon 30日見放題+1,200ポイントのみ販売
giftee 30日見放題+1,200ポイント

 

550ポイント

3,000ポイント

Kiigo 30日見放題+1,200ポイント

 

550〜50,000ポイント(選択式カード)

3,000ポイント

Qoo10 30日見放題+1,200ポイント

 

550ポイント

3,000ポイント

U-NEXTカードは現物なので、品切れや店舗によって取り扱っていない場合があります。

オンラインで販売しているサイトは、取り扱いがないカードがあります。

その点コンビニ端末の場合はセブンイレブンとローソン(ミニストップ)だけですが、品切れがないのが嬉しいですね。

コンビニ端末でギフトコードを購入してみよう

利用できるコンビニ端末はセブンイレブンのマルチコピー機かローソン・ミニストップのLoppiの2つだけです。

セブンイレブンのマルチコピー機の手順です。

マルチコピー機の画像です

セブンイレブンのコピー機の横にあります。
光の反射で見づらいですが写真で確認してください。

  • STEP.1
    プリペイドサービス

    画面をタップしてプリペイドサービスを選択します

    プリペイドサービスを選択します

  • STEP.2
    音楽・動画・電子書籍をタップ

    音楽・動画・電子書籍を選択します

  • STEP.3
    動画をタップ

    動画を選択します

  • STEP.4
    U-NEXTギフトコードをタップ

    U-NEXTを選択します

  • STEP.5
    OKを選択します

    U-NEXTギフトコードの説明です。
    確認したらOKをタップします。

    U-NEXTギフトコードの説明画面です

  • STEP.6
    同意する

    U-NEXTの注意事項8つが書かれています。

    8つの注意事項
    • ギフトコードに有効期限がある
    • ギフトコード入力で得たU-NEXTポイントの有効期限は90日間
    • 利用規約に同意して会員登録していること
    • U-NEXTの利用にはインターネット環境が必要
    • 全作品が見放題ではありません
    • 18歳未満は視聴できない作品がある
    • サービス内容や価格は予告なく変更する場合がある
    • メンテナンス等で一時的に利用できない場合がある

    ギフトコードの注意事項です

  • STEP.7
    4プランから選びます

    4つのプラン
    • 7日間見放題+550ポイント(980円)
    • 30日間見放題+1,200ポイント(1,990円)
    • 3,000ポイント(3,000円)
    • 5,000ポイント+500ポイント(5,000円)

    プランを選びます

  • STEP.8
    OKをタップ

    画像では3,000ポイントを選びました

    3000ポイントを選びました

  • STEP.9
    OKをタップ

    払込票に記載の利用方法を確認してください。
    ギフトコードを入力するまで払込票は保管しておいてください。

    もう一度確認画面です

  • STEP.10
    払込票をレジで精算

    払込票がコピー機から印刷されます。

    払込票を持って、レジでお支払いをするとギフトコードが書かれたチケットが貰えます。

    コピー機からチケットが出ます

    注意点2つ
    • 払込票は30分以内にレジへ
    • クレジットカード・クオカードは使えません

  • STEP.10
    これがギフトコードが書かれたチケット

    プリペイド番号の黒塗りのところにギフトコードが書かれています。

    入力までの有効期限があるので確認しておきましょう。

    レジで貰えるチケットです

ローソン・ミニストップのLoppiでの手順です

  • STEP.1
    右の各種サービスメニューをタップ

    Loppiのホーム画面です

  • STEP.2
    携帯・国際プリペイド・ネット用マネー

    携帯・国際プリペイドをタップします

  • STEP.3
    動画配信・音楽配信をタップ

    動画配信・音楽配信を選択

  • STEP.4
    U-NEXTギフトコードをタップ

    U-NEXTを選択

  • STEP.5
    好きな商品をタップします

    好きなコースを選択します

    あとは払込票が印刷されるので、レジに持っていき精算すればギフトコードが手に入ります。

ギフトコード入力方法

入手したギフトコードの入力はWebサイトのU-NEXTギフトコード入力画面でおこないます。

ギフトコード入力画面

この画面で「はじめてご利用」から会員登録してしまうと無料トライアルが適応になりません。

まだアカウントを持っていない場合はコチラのU-NEXT(NHKオンデマンド)で登録するからアカウントを作ってください。

上のリンクから登録するだけで31日間は無料ですし1,000ポイントもらえます。

新規アカウントは3ステップで作れますが、心配な方は「U-NEXTを無料で2回目も3回目も利用する裏技【31日以内で解約すると損だった!?】」の記事を参考に作ってみてくださいね。

U-NEXTカード(ギフトコード)を使う時の注意点3つ

U-NEXTカードには3つの注意点があります。

3つの注意点
  • 利用期限がある
  • アプリからはギフトコードが入力できない
  • 無料トライアルが適応にならない

U-NEXTカードに記載してあるギフトコードの入力期限は90日間です。

コンビニ端末チケットの入力期限は、チケットに記載されています。

ギフトコードを入力して得たポイントの有効期限は90日間なので注意しましょう。

また、U-NEXTアプリからだとギフトコードを入力することができないのでWebサイトからログインしてください。

そして30日見放題+1,200ポイントのU-NEXTカードを使って、U-NEXTを初めて利用すると31日間無料トライアルが適応になりません。

とはいえ、クレカもキャリア決済も使えない方は、バンドルカードを楽天ペイに設定すればクレカなしでも無料トライアルが利用できます。

楽天カードにバンドルカードを紐付ける方法は「U-NEXTは楽天ペイならクレカなしで無料トライアル適応になる【スマホで完結】」で紹介しています。

まずはU-NEXTを登録してみましょう

いかがでしたか?疑問は解決できましたか?

最後にU-NEXTのライブ配信をコンビニで払う方法をまとめておきます。

まとめ
  • U-NEXTにアカウントを作成しておく
  • U-NEXTカード(ギフトコード)をコンビニで購入する
  • ギフトコードをWebサイトから入力する
  • 取得したポイントでライブを購入する

以上です。

一番の注意点は、U-NEXTカードは無料トライアルが適応にならないことです。

下記の記事を読むと、無料トライアルが適応になる方もいるはずです。

31日間無料で1,000ポイントもらえる方法を紹介した記事なので、読んでからU-NEXTカードの購入を検討しましょう。

U-NEXTを無料で2回目も3回目も利用する裏技【31日以内で解約すると損だった!?】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください