U-NEXTは楽天ペイならクレカなしで無料トライアル適応になる【スマホで完結】

この記事はU-NEXTの無料トライアルを楽天ペイで利用したい人向けに書いています。

今までU-NEXTの無料トライアルはクレジットカード決済かキャリア決済の2つのみでした。

しかし最近、追加で楽天ペイも無料トライアルが適応されるようになりました。

なのでクレジットカードなしでも、楽天ペイの支払方法にバンドルカードを選択することで無料トライアルが利用できるようになります。

クレジットカードなしでU-NEXTの無料トライアルを利用したい学生さんやフリーターの方・主婦(夫)の人は、この記事が参考になると思います。

この記事の内容を先に伝えておきます。

記事の内容
  • 楽天ペイとバンドルカードを紐づける方法
  • 無料トライアルへ申し込む方法
  • 決済方法を楽天ペイに
  • 楽天ペイとクレカ以外の決済方法だと?

この記事を読み終えると、クレジットカードなしでもU-NEXTの無料トライアルが利用できるようになります。

しかも、楽天ペイとバンドルカードをマスターすると、2回目3回目と無料トライアルを無限ループできる可能性があります。「U-NEXTを無料で2回目3回目も利用する裏技」で詳しく解説していますので、ご覧ください。

バンドルカードの発行や、楽天ペイとの連携作業は5分ほどでできる作業です。

手順を画像付きで解説していきますので、最後までご覧ください。

楽天ペイとバンドルカードを紐づける方法

必要なものは下記の2つです

クレカなしで無料トライアルが適応に!
  • バンドルカード
  • 楽天アカウント

楽天アカウントの決済方法に、バンドルカード(プリペイド式クレジットカード)を設定することでクレジットカードがなしでもU-NEXTの無料トライアルが利用できます。

バンドルカード

バンドルカードはSuicaやPASMOのように、チャージするタイプのバーチャルカードです。

初めてバンドルカードを知った人は、バンドルカードの作り方やメッリト・デメリットを紹介した記事をご覧ください。

「U-NEXTでも利用できる!?バンドルカードとは?(現在執筆中です)」

楽天アカウント作成方法

スマホで楽天アカウントの作成方法を紹介します。

パソコンからでも流れは一緒ですので参考にしてくださいね。

既に楽天アカウントを持っている人は、STEP.5からバンドルカードを紐づけることができます。

  • STEP.1
    楽天の公式サイトへアクセスします

    会員登録をタップします

    新規楽天アカウント作成方法画面です

  • STEP.2
    会員情報を入力します

    1. 氏名
    2. カタカナ
    3. メールアドレス
    4. 任意のパスワードを設定
    5. 同意して次へをタップ

    楽天会員情報の入力画面です

  • STEP.3
    確認画面です

    入力した情報に間違いがなければ「この内容で登録する」をタップ。

    楽天アカウント会員情報の確認画面です

    楽天アカウントが作成されました。

    この楽天アカウントにバンドルカードを紐づけます。

  • STEP.4
    クレジットカードを設定します

    1. メニュー
    2. 会員情報の設定
    3. 設定画面に移動する

    をタップします

    楽天の支払方法を選択する画面です

  • STEP.5
    クレジットカードを登録します

    1. クレジット情報「確認・変更」
    2. 新規カード情報の追加

    新規カードの追加を選択

  • STEP.6
    バンドルカードの情報を入力します

    バンドルカードを立ち上げて

    1. カード会社
    2. 16桁のカード番号
    3. 月と年
    4. 名義人:VANDLE USER

    を入力します

    バンドルカードの情報を入力してください

  • STEP.7
    入力情報を確認して登録します

    カード情報が間違いなければ「クレジットカード情報を追加する」をタップで完了です

    バンドルカードが紐づけられました

これで楽天ペイの支払にバンドルカードを選択できるようになりました。

無料トライアルへ申し込む方法

無料トライアルへの申し込みはNHKオンデマンド経由がおすすめです。

NHKオンデマンド経由で登録すると、貰えるポイントが600ポイントから1,000ポイントにアップします。

なぜ1,000ポイントも貰えるのか気になる人は、U-NEXTを無料で2回目3回目も利用する裏技の記事内で解説しています。

「【必読】U-NEXT無料トライアルの注意事項(現在執筆中です)」の記事も読んでおくと、より満足度が高くU-NEXTを利用できるようになります。

決済方法を楽天ペイにしてU-NEXTへ登録する

クレカが無くても無料トライアルが利用できて、1,000ポイント貰える登録方法を紹介していきます。

\ 1,000ポイント貰っちゃおう /
無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません

  • STEP.1

    必ず上記リンクからアクセスしてくださいね。

    1,000ポイント貰えなくなってしまいます。

    下の画像は時期によって変更しますが、NHKオンデマンドの文字があればオーケーです。

    「今すぐ観る」を選択

    NHKオンデマンド経由ホーム画面です

  • STEP.2
    個人情報を入力します

    特典で、無料トライアルと1,000ポイント貰えることを必ず確認してください。

    個人情報の入力画面です

  • STEP.3
    支払い方法を選択します

    1. 無料トライアルにチェックを入れます
    2. 楽天ペイにチェックを入れます
    3. 入力した個人情報を確認します

    全てOKなら送信を選択

    支払い選択画面です

  • STEP.4
    楽天ペイで支払うか確認されます

    楽天IDで申し込みを選択すると楽天のサイトへ移動します

    楽天ペイの申し込み画面です

  • STEP.5
    楽天会員でログイン

    バンドルカードが紐づいているアカウントでログインします。

    楽天アカウントにログイン画面です

  • STEP.6
    楽天ペイの支払方法を選択する

    ログインした楽天アカウントに登録してあるクレジットカードが表示されます。

    バンドルカードにチェックを入れて「お申込み確認画面へ進む」を選択します。

    支払い方法選択画面です

  • STEP.7
    内容の確認画面です

    内容を確認してメルマガのチェックを選択します。

    「この内容で申込む」を選択します。

    内容を確認し申し込み画面です


申込が完了すると、ファミリーアカウントを作成するかしないかを求められるので、必要なら作成してください。

1人でU-NEXTを使うならファミリーアカウントは無しでOKです。

楽天ペイとクレカ以外の決済方法だと?

楽天ペイとクレジットカード以外の決済方法を紹介しておきます。

楽天ペイとクレカ以外だと、全部で4つの方法があります。

この4つはデメリットがあるので、確認しておいてくださいね。

5つの支払い方法
  1. キャリア決済
  2. Amazon.co.jp払い
  3. AppleID払い
  4. U-NEXTカード・ギフトカード

それでは、クレジットカード以外の支払い方法の特徴を知っておきましょう。

キャリア決済

U-NEXTの月額の利用料金(2,189円税込)や、レンタル課金分を、携帯の料金と合算する支払い方法です。

キャリア決済の種類
  • auかんたん支払い
  • ドコモ払い
  • ソフトバンクまとめて支払い/ワイモバイルまとめて支払い

に対応しています。

メリット・デメリット

メリット

・31日間無料トライアルが適応になる。

 

デメリット

・スマホ・タブレットから登録をしないと選択できない(PCからだと表示されません)。

U-NEXTのキャリア決済はポイントバックが20%に減ったり、スマホからしか選択できなかったり。

ちょっと制約が多い仕様になっていますので、U-NEXTのキャリア決済の注意点の記事で確認してください。

Amazon.co.jp払い

Amazon Fire TVとFire TV Stickで選択することができる支払い方法です。

メリット・デメリット

メリット

・Amazon Fire TVやFire TV Stickを使ってテレビで登録作業ができる

 

デメリット

・電子書籍サービスを利用できない

・解約するときに、Amazon経由で解約しなくてはいけない(分かりずらいです)

AppleID払い

AppleIDの支払い方法でU-NEXTの料金も支払う方法です。

メリット・デメリット

メリット

・メリットはないので、おすすめできません。

 

デメリット

・月額料金が200円割高の2,400円になる

割高になる理由は、U-NEXTの無料トライアルはポイントが貰えない!?iOSアプリの仕様について解説します」の記事内で解説しています

U-NEXTカード・ギフトカード

U-NEXTカードの画像です

コンビニや家電量販店でカードを購入し、ギフトコードを入力することで支払いったことになります。

メリット・デメリット

メリット

・30日間で終了になる(自動継続されない)

 

デメリット

・31日間無料トライアルが対象にならない

楽天ペイとクレジットカード以外の、4つの支払い方法の特徴でした。

どれもデメリットがあるので、可能なら楽天ペイかクレカでU-NEXTに登録することをオススメします。

さっそく無料トライアルを満喫しよう!

いかがでしたか?最後に記事の内容をまとめます。

この記事では、楽天ペイとバンドルカードを利用してU-NEXTの無料トライアルを利用する方法を紹介してきました。

用意するものは2つ

  • バンドルカード
  • 楽天アカウント

無料トライアルへの登録は、NHKオンデマンド経由で登録すると1,000ポイント貰える

クレジットカード以外の決済方法は4つ

  • キャリア決済
  • Amazon.co.jp払い
  • AppleID払い
  • U-NEXTカード・ギフトコード

上記4つの支払方法は、デメリットがあるので注意!

このような内容を紹介してきました。

U-NEXTの無料トライアルを利用するにあたって、損しない登録日・コスパ高く解約する方法を紹介した記事、U-NEXTを無料で2回目も3回目も利用する裏技【3ヶ月利用がおすすめ】も参考にしてください。

3 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください