Amazonプライムビデオを友達と共有すると履歴ってどうなるの?

この記事ではAmazonプライムビデオを友達と共有したら履歴はどうなるの?という疑問に答えています。

プライムビデオが友達と共有で利用すれば1人あたりの料金が安くなるのでやってみよう!と思っていませんか?

結論から申し上げると、友達とプライムビデオを共有する方法はあります。

しかしボクはしっかり調べずに友達と共有したばっかりに履歴がバレバレで恥ずかしい思いをしました。

プライムビデオの履歴を削除する方法は「Amazonプライムビデオの閲覧履歴を削除する方法|履歴を残さないのはかなり大変!!(現在執筆中)」で紹介していますが、けっこう面倒なんですよね。

しかもAmazonプライムビデオを友達と共有すると、視聴履歴だけではなくクレカ情報のような個人情報も共有してしまう可能性があるので、あまりオススメできません・・。

プライバシーを守りつつ少しでも安く友達とVODを共有したい!ならU-NEXTの方がオススメです。

U-NEXTなら「履歴」や「おすすめ」はアカウント毎に表示されるので、友達との利用でもプライバシーが守られます。

ファミリーアカウントの詳しい詳細は「【30代のお父さん必見】U-NEXTのファミリーアカウントにしたら家族の満足度が爆上がり!」をご覧になってください。

U‐NEXTのファミリーアカウントを友達と利用するときの注意点は「U-NEXTのファミリーアカウントに友達を招待すると信頼を失う可能性あり」をご覧ください。

ちょっと話がそれてしまいましたが、この記事の本題である2つの疑問

  • Amazonプライムビデオを友達と利用する方法
  • 友達と利用すると履歴がどうなるのか?

について解説していきます。

5分くらいで読み終わる記事ですので、最後まで読んでからAmazonプライムビデオを友達と共有するかどうかを決めてください。

Amazonプライムビデオを友達と共有する2つの方法

Amazonプライムビデオを友達と共有する方法が2つです

アカウント共有

アカウント共有とは、アカウントごと友達に貸し出す方法です。

アカウントごと貸し出したら、自分が使えなくなってしまうと思いきや、Amazonプライムは1つのアカウントに3つまで同時にログインが可能なんです。

つまり1人がログイン中でも、他の端末から2人がログインすることができちゃいます。

なのでログインIDとパスワードを友達に教えれば、自分も友達も同時にアカウントのサービスを利用することができます。

もちろん注意点もありますので、それは後ほど紹介しますね。

プライムビデオプロフィール

プライムビデオプロフィールとはプライムビデオの機能の1つでして、1カウントにつき最大6つのユーザープロフィールを作ることができます。

つまりAmazonプライムの会員でなくても、プロフィールを作らしてもらえればプライムビデオを視聴することが可能になります。

主な機能は3つです。

  • ウォッチリスト(見たい作品リスト)がプロフィールごとに管理できる
  • プロフィールに合わせた動画がおすすめされる
  • 子供プロフィール(12歳以下)は、成人向け作品が見れない

この機能を使えば友達とプライムビデオを共有することができます。

家族会員ではプライムビデオは使えません

Amazonプライムの家族会員とは、無料で作れるサブアカウントのことです。

この無料サブアカウントはメインアカウント1つにつき2つまで作成できます。

家族会員という名前ですが友達と使ってもバレません。

しかし家族会員は残念ながらプライムビデオは利用することができません。

家族会員の詳しい内容は「アマゾンプライムで家族会員で共有できることは6つです|登録や解除の方法も画像付きで紹介(現在執筆中)」をご覧ください。

アカウント共有とプライムビデオプロフィールの注意点

友達とAmazonプライムビデオを共有するには、アカウントを共有するか・プライムビデオプロフィールを作成するかのどちらかです。

しかしどちらも注意点がありますので、それぞれ解説していきますね。

アカウント共有の注意点

アカウント共有には3つの注意点があります。

  • 請求はアカウント所有者へ
  • 同時視聴が限られている
  • 視聴履歴やマイリストも共有される

請求はアカウント所有者へ

最大の注意点は、買い物や他のコンテンツも利用されてしまうこと。

アカウントごと貸し出しているので、友達はあなたのアカウントでAmazonのサービスを自由に使うことができてしまいます。

もちろん請求はアカウントに登録している「あなた」へきます。

なので、家族くらい信頼がある関係じゃないとアカウントを貸し出すなんて無理ですよね?

同時視聴が限られている

プライムビデオは3人まで同時にログインできますが、同時に視聴できる制限があります。

  • 違う動画は、3台まで同時再生が可能
  • 同じ動画は、2台まで同時再生が可能
  • 同じ作品を同時にダウンロードできるのは2台まで
  • ダウンロードできる動画は、全端末で25本まで

違う動画なら3人同時にログインしていても問題なく再生できますが、同じ動画は2台までです。

もし同時に同じ映画を視聴したい場合はAmazonのウォッチパーティーが便利です。

プライムビデオのウォッチパーティーは全員がAmazonプライム会員になる必要がありますが、一緒にリアクションを楽しんだり、みんなで一緒に盛り上がりたい場合は楽しめる機能です。

詳しくは「ウォッチパーティーの詳細記事(現在執筆中)」で紹介しています。

最後に紹介する注意点もプライバシーに関わることです。

視聴履歴やマイリストも共有される

アカウントごと貸し出すので視聴履歴・マイリスト・検索履歴・おすすめというような、履歴すべてが共有されます。

友達に、コンビニで買った物を真剣にジロジロ見られるのって恥ずかしくないですか?

ちなみにボクはドライバーとか、安っすい水とかを購入していたので「あいつ、こんな物買ってるw」って思われていそうで恥ずかしかったです。

アカウント共有で友達とプライムビデオを共有するのはちょっとリスクが多いように思います。

では、もう一つの方法であるプライムビデオプロフィールの注意点を見てみましょう。

プライムビデオプロフィールの注意点

プライムビデオプロフィールの注意点は2つです。

  • プロフィールのロック機能がない
  • 視聴済みの履歴は全員のプロフィールにまとめて表示される

プロフィールのロック機能がない

誰でも簡単に切り替えが可能です。

なので完全にプライバシーを守る設計にはなっていません。

ウォッチリスト(見たい作品リスト)を個別で管理できるだけの機能です。

完全にプライバシーを守りつつ、複数のアカウントを管理できるのはU-NEXTだけでした。

詳しくは「【30代のお父さん必見】U-NEXTのファミリーアカウントにしたら家族の満足度が爆上がり!」をご覧ください。

視聴済みの履歴は全員のプロフィールにまとめて表示される

視聴した作品の履歴は、どのプロフィールでログインしても表示されます。

プロフィールを12歳以下で作成すると子供用のアカウントとして作成され、年齢制限の作品は表示されなくなります。

しかしアカウントの切り替えは簡単にできるので、子供用アカウントも簡易的なものですね。

つまり「プライムビデオは友達と共有できるがプライバシーは守れない」ということになります。

履歴を見られない唯一の方法

Amazonプライムを友達と共有して、履歴を見られない方法が1つだけあります。

それは「履歴の削除」です。

しかし、AmazonはAIでおすすめ商品を決めるので履歴を大量に取得しています。

全ての履歴を消去するには、視聴履歴・おすすめ商品・次に観る・閲覧履歴・検索履歴の5つの履歴を削除する必要があります。

全ての履歴を消す方法は「Amazonプライムビデオの閲覧履歴を削除する方法|履歴を残さないのはかなり大変!!(現在執筆中)」で紹介しているので参考にしてみてください。

友達とVODを利用する最善の方法は

ここまでの内容を整理してAmazonプライムビデオを友達と共有するベストな方法は、

  • プライムビデオプロフィールで友達のプロフィールを作成
  • 履歴が見られて困る場合はこまめに削除する

この方法がベストだと思います。

とはいえ履歴の削除も大変ですし、安全な方法とは言い切れません。

「友達との共有もキッチリと管理したい」や「グダグダな関係にしたくない」という場合はU-NEXTの利用も検討してみてください。

月額2,189円とAmazonプライムよりかなり高額ですがAmazonプライムより管理しやすい設計ですし、毎月1,200円分のポイントがもらえます。

U-NEXTは、友達からは自分のアカウントの視聴履歴や購入履歴は見られないようになっています。

友達の購入やポイント利用もきっちり把握できます。

とはいえU-NEXTのファミリーアカウントは家族利用を前提とした設計なので、友達と利用するなら注意点はあります。

友達利用での注意点をまとめた記事は「U-NEXTのファミリーアカウントに友達を招待するなら○○に注意|信頼を失う可能性あり」ですので参考にしてみてくださいね。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください