AmazonプライムだとNHKオンデマンドをダウンロードできるのか?

この記事ではAmazonプライムビデオでNHKオンデマンドを契約すればNHK作品をダウンロードできるのか?について書いています。

Amazonプライムビデオはほとんどの作品がスマホやタブレットにダウンロードして再生できるようになっています。

しかし結論から申し上げますと、NHKオンデマンドの作品はダウンロードできないようになっています。

ダウンロード視聴ができると、通信料が抑えられますし、電波が悪い環境でも視聴できるので便利だったのですが・・。

ちょっとガッカリですね。

NHKオンデマンドが再生できるVODはAmazonプライムビデオ以外にもありますが、全VODでダウンロード再生は出来ないようになっていました。

ダウンロードは出来ませんがU-NEXTだと無料トライアルが利用できたり、毎月貰えるポイントで支払えたりとAmazonプライムビデオよりもメリットが多かったので、気になる方は「NHKオンデマンドをAmazonプライムビデオで見るメリットは?デメリットの解消法も紹介」をご覧ください。

この記事では、ダウンロード再生はできないのは残念ですが、ダウンロードと同じように通信料がかからずに作品を持ち歩ける方法を紹介しています。

この記事の内容を先にお伝えしておきますね。

この記事の内容
  • AmazonプライムビデオのNHKオンデマンドはダウンロード再生ができない
  • そもそもダウンロードは違法になる?
  • どうしてもダウンロードしたい場合の対応

この記事を読み終えると、NHKオンデマンドのダウンロード再生に対応していない作品なども動画データとして持ち歩けるようになります。

通信環境や電波状況を気にせず作品を楽しめるようになります。

5分くらいで読める記事ですので、ぜひ最後までごらんください。

AmazonプライムビデオのNHKオンデマンドはダウンロードできない

AmazonプライムビデオにあるNHKオンデマンドはダウンロード再生が非対応です

NHK公式サイトでNHKオンデマンドを契約してもダウンロード再生はできません。

NHKオンデマンド自体がダウンロード再生に対応していないので、どのVODでNHKオンデマンドを契約してもダウンロードすることはできません。

しかし、U-NEXTは無料でアカウントが3つ作れたり、無料トライアルが適応になったりとメリットが多くあるのでNHKオンデマンドを利用する場合はU-NEXTも検討して見てくださいね。

AmazonプライムビデオとU-NEXTの比較は「NHKオンデマンドをAmazonプライムビデオで見るメリットは?デメリットの解消法も紹介」をご覧ください。

そもそもダウンロードは違法になる?

詳しくは著作権法(第三十条)に記載があります。

著作権の目的となつている著作物(以下この款において単に「著作物」という。)は、個人的に又は家庭内その他これに準ずる限られた範囲内において使用すること(以下「私的使用」という。)を目的とするときは、次に掲げる場合を除き、その使用する者が複製することができる。

公衆の使用に供することを目的として設置されている自動複製機器(複製の機能を有し、これに関する装置の全部又は主要な部分が自動化されている機器をいう。)を用いて複製する場合

 技術的保護手段の回避(第二条第一項第二十号に規定する信号の除去若しくは改変その他の当該信号の効果を妨げる行為(記録又は送信の方式の変換に伴う技術的な制約によるものを除く。)を行うこと又は同号に規定する特定の変換を必要とするよう変換された著作物、実演、レコード若しくは放送若しくは有線放送に係る音若しくは影像の復元を行うことにより、当該技術的保護手段によつて防止される行為を可能とし、又は当該技術的保護手段によつて抑止される行為の結果に障害を生じないようにすること(著作権等を有する者の意思に基づいて行われるものを除く。)をいう。第百十三条第七項並びに第百二十条の二第一号及び第二号において同じ。)により可能となり、又はその結果に障害が生じないようになつた複製を、その事実を知りながら行う場合
 著作権を侵害する自動公衆送信(国外で行われる自動公衆送信であつて、国内で行われたとしたならば著作権の侵害となるべきものを含む。)を受信して行うデジタル方式の録音又は録画(以下この号及び次項において「特定侵害録音録画」という。)を、特定侵害録音録画であることを知りながら行う場合
 著作権(第二十八条に規定する権利(翻訳以外の方法により創作された二次的著作物に係るものに限る。)を除く。以下この号において同じ。)を侵害する自動公衆送信(国外で行われる自動公衆送信であつて、国内で行われたとしたならば著作権の侵害となるべきものを含む。)を受信して行うデジタル方式の複製(録音及び録画を除く。以下この号において同じ。)(当該著作権に係る著作物のうち当該複製がされる部分の占める割合、当該部分が自動公衆送信される際の表示の精度その他の要素に照らし軽微なものを除く。以下この号及び次項において「特定侵害複製」という。)を、特定侵害複製であることを知りながら行う場合(当該著作物の種類及び用途並びに当該特定侵害複製の態様に照らし著作権者の利益を不当に害しないと認められる特別な事情がある場合を除く。)

引用:著作権法(第三十条)より

ちょっと難しい文章ですが、個人的に視聴したり家庭内での利用はOK!?という認識でしょうか?

違反した場合は、補償金を著作権者に支払わなければならない。とのことです。

どうしてもダウンロードしたい場合の対応

録画をしてスマホやタブレットにデータを入れて見ることができます。

3つの方法がありますので紹介しておきます。

PC録画ソフトを使って録画する

ダウンロードとは違いますがaudialsDVDfabなどのリッピングソフトを使えば持ち歩くことは可能です。

Windows10「ゲームバー」で録画する

Windows10を利用している場合は「Windows」+「G」を同時に押して録画メニューを呼び出すことができます。

あとはメニューにある録画ボタンを押して動画を再生させればパソコンに保存することができます。

iPhoneの録画機能で録画する

iPhoneにも標準で録画ボタンがあります。

この機能を使えば、再生した動画を録画することが可能になります。

詳しい手順はApple公式サイトをご覧ください。

まとめ

この記事の内容をまとめておきます。

まとめ
  • AmazonプライムビデオでもNHKオンデマンドのダウンロードはできない
  • 録画は個人的・家庭用ならOKな可能性がある
  • 録画方法は3つ

どの方法も手間がかかりますので、あまりオススメはできません。

通信料やギガを消費してもストリームング再生が一番簡単です。

どうしてもダウンロードしたいという人は3つの録画方法を試してみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください