U-NEXTのファミリーアカウントでポイントを共有する方法を解説します

この記事ではファミリーアカウントでのポイントを共有する方法や子アカウントでの購入を管理する方法を紹介しています。

U-NEXTのファミリーアカウントの子アカウントで出来る事って分かりずらいですよね?

その気持ちとてもわかります。

Nao-Matt

ボクは子アカウントの購入制限を適当に設定していたので、子アカウントにポイントを使われていました。

確かに便利なファミリーアカウントですが、子アカウントをしっかり管理しておかないと、とんでもない請求が来るかもしれません。

でも安心してください。

この記事では、購入制限の3つの設定を解説し、子アカウントの管理の仕方を紹介しています。

この記事の具体的な内容を先に書いておきます。

記事の概要

  • U-NEXTの子アカウントに購入制限を設定する
  • 子アカウントがポイントを使えるもの3つ
  • 子アカウントでの購入履歴を確認する方法
  • 親アカウントで購入した作品を共有する方法

この記事を読むことで子アカウントの管理方法が分かるので、安心してU-NEXTを利用することができるよになります。

U-NEXTのデメリットは料金が高いことです。

しかし家族でVODを利用するならU-NEXT一択です。

理由は【30代のお父さん必見】U-NEXTのファミリーアカウントにしたら家族の満足度が爆上がり!をご覧ください。

子アカウントにポイントを共有する方法

親アカウントが所持しているポイントを、子アカウントにあげるには「購入制限」の設定を「ポイント利用のみ許可」を選ぶだけです。

  • STEP.1
    ホーム画面の「アカウント設定」を選択

    ホーム画面からアカウント設定を選択

  • STEP.2
    ファミリーアカウント編集を選択

    ファミリーアカウント編集を選択

  • STEP.3
    制限したい子アカウントを選択

    制限したい子アカウントを選択

  • STEP.4
    ポイント利用のみ許可を選択

    ポイント利用のみ許可を選択を選択し更新

  • STEP.5
    設定が反映されました

    設定が反映されました

購入制限の設定には3段階ありますので、ほかの設定も解説しておきます。

購入制限の画像です

登録の支払い方法

子アカウントが無限に購入できる設定です。

無限といっても請求は親アカウントにくるだけです。小さいお子様が子アカウントを利用される場合はこの設定はやめておきましょう。

ポイント利用のみ許可

親アカウントが所持しているポイントを、子アカウントでも利用できる設定。

子アカウントが利用できるポイントの上限を決めることも出来ます。

購入を許可しない(例外あり)

子アカウントでは購入できない設定。

例外

親アカウントの支払い方法がAmazon.co.jpの場合とiOSアプリ内のUコインは買えてしまいます。現在のU-NEXTでは回避できないので、主契約者さんが気を付けるしかありません

子アカウントのポイントで買える物は3つ

購入制限で「ポイント利用のみ許可」を選択するとこのポイントを子アカウントで使うことができます。

しかし子アカウントでは、購入できることが限られています。

この章では、子アカウントは何にポイントを利用できるのかを紹介しておきます。

子アカウントでポイントを使えるもの3つ
  • 有料レンタル
  • 漫画の購入
  • 映画館での割引クーポン

有料レンタル

U-NEXTでは無料の見放題とは別に、有料でレンタル作品があり、利用にポイントを使うことができます。それぞれ金額が違うので相場をご覧ください。

有料レンタル料金
洋画 330円~770円
邦画 220円~1,100円
ドラマ(1話) 110円~440円
アニメ(1話) 220円

漫画の購入

雑誌は見放題ですが、マンガは有料のものが多いです。金額は400円~500円が相場となっています。

U-NEXTは発売日に配信されます。ポイントを使って実質無料で最新作を楽しむことが出来るのはとっても良いですね。

映画館での割引クーポン

映画館での割引クーポンとしてポイントを利用することができます。

利用できる映画館はこちらの6つです。

6つの映画館

イオンシネマ

松竹マルチプレックスシアターズ

なんばパークスシネマ、大阪ステーションシティシネマ

ユナイテッド・シネマ

109シネマズ

オンラインチケット予約「KINEZO」

子アカウントの購入履歴を確認する方法

子アカウントでの購入は、親アカウントで確認することができます。

ファミリーアカウントの支払いは親アカウントなので、請求画面で確認することができます。

請求画面には、購入したアカウント・日にち・金額などが載っています。

親アカウントと子アカウント間での履歴についてはU-NEXTファミリーアカウントの履歴はどうなる?家族にバレないように管理する方法で確認してください。

親アカウントで購入した作品は子アカウントでも視聴できる

親アカウントで購入した作品は子アカウントでも視聴することができます。

親アカウントと子アカウント間で共有できることは【U-NEXT】ファミリーアカウントなら購入済みの漫画・映画・ポイントを共有できるにまとめてあります。

なので我が家では、子アカウントでの購入は出来ない設定にしています。

子供が見たい作品があったら親アカウントで購入するようにしています。

お子様の年齢にもよりますが、親アカウントで管理するのが一番分かりやすいと思います。

まとめ
  • 親アカウントは子アカウントの購入を3段階で制限できる
  • 子アカウントがポイントで購入できるのは3つ
  • 子アカウントで購入すると、親アカウントで確認できる
  • 親アカウントで購入すると、子アカウントで視聴できる

最後に、本記事で紹介したリンク記事をまとめておきますので、気になった方はご覧ください。

【30代のお父さん必見】U-NEXTのファミリーアカウントにしたら家族の満足度が爆上がり! ファミリーアカウントの視聴履歴記事アイキャッチ画像ですU-NEXTファミリーアカウントの履歴はどうなる?家族にバレないように管理する方法 漫画や映画やポイントも共有できる画像です【U-NEXT】ファミリーアカウントなら購入済みの漫画・映画・ポイントを共有できる

4 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください