【第3話】「にじいろカルテ」の評判・ネタバレ感想・考察を紹介

なおまっと君

「にじいろカルテ」第3話の視聴率はどうだったの?

「にじいろカルテ」の感想をしりたい

その疑問を解決します!

調べ尽くした情報をこの記事にまとめておきます。

Nao-Matt

見ようかどうしようか迷っているドラマは視聴率が気になりますよね。

最近ではリアルタイム視聴ではなく、見逃し配信や録画視聴も当たり前なので、世間の評判が分かるように、SNSでの感想も紹介しています。

視聴率はイマイチでも、世間では話題になっていたり、面白いドラマはありますので。

この記事では「にじいろカルテ」にまつわる

記事の内容

・視聴率

・SNSでの感想

このあたりを紹介していきます。

この記事では、みんながどのように「にじいろカルテ」を楽しんでいるのかが分かるので、見るか見ないかを迷っている人にも参考になると思います。

「にじいろカルテ」に関する基本情報はこちらの記事で紹介していますので、ご覧ください。

第3話の視聴率は?

視聴率が発表になったら更新します

「にじいろカルテ」第3話のあらすじ

公式サイトで紹介している「あらすじ」です

「私は誰なんでしょうか――?」
ある日突然、虹ノ村診療所に、いつもと様子が違う雪乃(安達祐実)が駆け込んでくる。真空(高畑充希)のことも、自分自身のことも、“なにもわからない”という雪乃に、衝撃を受ける真空。

朔(井浦新)から、雪乃は3年前から“認知症”を抱え、何度もこんな日々を繰り返しながら生きていると告げられ、動揺を隠しきれない真空。雪乃を探して診療所に駆け込んできた、夫の晴信(眞島秀和)のことも、雪乃は誰だかわからない。
“治らない病”に対してどう向き合えばよいのか、立ち尽くす真空だが、なぜか朔と太陽(北村匠海)は落ち着いた様子で…?

そんな中、ハイテンションで登場したのは雪乃の幼馴染である嵐(水野美紀)氷月(西田尚美)。2人は、そのまま真空と雪乃を連れて“ある場所”へと誘ってゆき…?

憧れていた人生がある。だけど、どうしようもない現実も、誰にでもある。
大人だから、医者だから、諦めようとがんばっても、つらいものはつらい。
それでも生きていく。

次々に明かされる、嵐や氷月の過去。
真空自身も、自らが隠していた“現実”と向き合うことに――。

一方、無言のまま、雪乃たちを見送った晴信は、朔や太陽、そして霧ケ谷(光石研)と共に“想い出のカツサンド”を作り始め…。

果たして、すべてを忘れてしまった雪乃の運命は…?
たとえ君が忘れても、僕が全部覚えてるから――。

公式サイトから引用

「にじいろカルテ」第3話、みんなの感想

まだドラマを見ていない人も、世間の盛り上がり具合や、みんなが「にじいろカルテ」をどのように楽しんでいるのかが分かるような感想だけをまとめています。

「にじいろカルテ」第4話の予告

「にじいろカルテ」は動画配信しているの?

放送終了後1週間は無料で視聴できる、見逃し配信はTVerとAbemeTVでおこなっています。

その後はテレビ朝日が運営する動画配信プラットフォームのTELASA(テラサ)で見ることができます。

まとめ

この記事では「にじいろカルテ」にまつわる

記事の内容

・視聴率

・SNSでの感想

について紹介しました。

「にじいろカルテ」に関する情報をこちらの記事で紹介していますので、ご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください