月9ドラマ「イチケイのカラス」キャストや相関図を詳しく解説

なおまっと君

「イチケイのカラス」のキャストを知りたい

「イチケイのカラス」の相関図を知りたい

そんな疑問を解決します。

この記事を読めば「イチケイのカラス」に出演しているキャスト、ストーリーで大切な相関図を知ることができます。

ミーハーなボクが調べ尽くした情報をまとめておきました。

Nao-Matt

この記事では2021年春の月9ドラマ「イチケイのカラス」出演の

まとめ

相関図

キャスト

プロフィール

をまとめました。

「イチケイのカラス」に関する他の情報はこちらの記事で紹介していますので、ご覧ください。

「イチケイのカラス」相関図

情報が解禁になり次第更新します。

「イチケイのカラス」キャストとプロフィール一覧

舞台は東京地方裁判所第3支部第1刑事部(通称:イチケイ)。自由奔放で型破りな「入間みちお」と、みちおに振り回されながら真実をつかもうと奔走するイチケイメンバーの活躍をコミカル&ビターに描くリーガルエンターテイメント。

そんなみちおは「元弁護士」で裁判官になった経緯に過去の事件が深く関わっているようで、物語だ進むにつれて次第に明らかに・・。

検察や弁護士を描いたドラマは数多くありますが、裁判官を主人公にした連ドラは民法では初めてとのことです。

竹野内豊(入間みちお:いるま みちお)

役どころ

竹野内豊さん演じる主人公の「入間(いるま)みちお」は、冤罪を生まないように自ら現場検証をし事件の真相を明らかにする異端な刑事裁判官。顔にはヒゲをたくわえ、カジュアルな服装のゆるい空気感。偏見や先入観にとらわれない自由な観察眼と徹底的に調べ上げる探求心は弁護団や検察官から恐れられているクセ者。

主演は刑事裁判官の竹野内豊さんです。月9主演は11年ぶり。連ドラ出演は「義母と娘のブルース」以来3年ぶり。

そんな竹野内豊さんのコメントを見てみましょう。

台本を読んだ感想

「今まで、裁判官の方にはお会いしたこともなければ、刑事裁判官という職業に焦点が当たった連ドラも今まで無かったので、台本を読んで、勉強になりました。イチケイメンバーの会話のテンポも良く、一人一人のキャラクターが生きているので、これは面白い作品になるだろうなと思いました」

法服を着てみての感想

「袖が広がっていて、手を広げると本当にカラスのようです」現場の雰囲気は?「とてもいい方たちばかりです(笑)。まだ、発表できていないイチケイメンバーの方たちも個性的で、 イチケイメンバーがそろった時のオフの会話が本当に面白く、笑いの絶えない現場です」

黒木華さんの印象は?

「変幻自在に役を演じられる日本で貴重な女優さんで、いつか共演してみたい方でしたので、今回ご一緒できてうれしかったです」

演じるうえで心がけたいことは?

「人の今後の人生を左右する職業なので、型破りな役ですが、そこは丁寧に演じていかなければと思っています」

視聴者のみなさんへメッセージ

「刑事裁判官に焦点を当てた連続ドラマは初めてとなります。裁判官も、ご覧になってくださる視聴者の皆様と同じ一人の人間だと思うので、“人を裁く”ということがいかに難しいかということを、一緒に考えていけるような作品が作れたらすてきだなと思います」

「イチケイのカラス」公式サイトより引用

竹野内豊さんのプロフィール

1971年1月2日生まれ。東京都出身。O型。デビュー作はTBSドラマ「ボクの就職」

1995年「星の金貨」で第33回ゴールデンアロー賞放送新人賞を受賞。

1997年「ビーチ・ボーイズ」で反町隆史とともに主演を務める。

2002年「冷静と情熱のあいだ」で第25回日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞。

2003年「ヤンキー母校に帰る」では元ヤンキーの熱血教師という硬派な役を演じ、それまでの恋愛作品のイメージを脱却する。

代表作

星の金貨(日本テレビ)

ビーチ・ボーイズ(フジテレビ)

できちゃった婚(フジテレビ)

ヤンキー母校に帰る(TBS)

BOSS(フジテレビ)

素敵な選TAXI(関西テレビ)

義母と娘のブルース(TBS)

黒木華(坂間千鶴:さかま ちずる)

役どころ

黒木華さんが演じる「坂間千鶴(さかまちずる)」は東大法学部出身のエリート中のエリート。冗談が全く通じない堅物タイプ「裁判官は的確で迅速な事件の処理が日本の治安を維持している」と自負しています。

共演は月9初出演の黒木華さん。月9ドラマは初出演。連ドラ出演は「凪のお暇」以来2年ぶり。

そんな黒木華さんはこんなコメントをしています。

台本を読んだ感想は?

「イチケイの皆が個性的で、面白いなと思いました。裁判官という中々取り上げられていない仕事にフォーカスがあてられているのも興味深かったです」

法服を着てみての感想は?

「袖を通すとやはり気が引き締まります。中々着る機会がないと思うので、ありがたいです」現場の雰囲気は?「撮影が始まってまだ数日ですが、和気藹々(あいあい)としています」

竹野内豊さんの印象は?

「今回初めてご一緒させていただきましたが、みちおさんを独特な雰囲気や、間で、魅力的に演じてらっしゃってすごく楽しいです」

演じるうえで心がけたいことは?

「ただ堅いだけでなく、正義に対して熱い坂間を人間らしく演じられたらと思います」

視聴者のみなさんへメッセージ

「個性的なイチケイの皆と、普段あまり触れることの少ない裁判官という仕事を楽しみつつ見ていただけたらと思います」

「イチケイのカラス」公式サイトより引用

黒木華さん演じる「坂間千鶴」は原作では男性というキャラクターですが、今回のドラマでどのような演出がされているのかも楽しみです。

月9ドラマ「イチケイのカラス」の原作はあるのか?あらすじや見どころを解説

黒木華さんプロフィール

黒木華(くろきはる)さん。「華」と書いて「はる」と読むのは珍しいですが本名とのことです。

「春のように華やかにいきて欲しい」という思いでつけられたそうです。

1990年3月14日生まれ。大阪府出身。2010年に舞台でデビュー。映像作品は2011年「東京オアシス」がデビュー作。

2012年NHK連続ドラマ小説「純と愛」にヒロインの同期社員役で出演。

映画初主演の「シャニダールの花」や「舟を編む」での演技が評価され、キネマ旬報ベストテン・日本アカデミー賞・ブルーリボン賞など日本の主要映画賞で7つの新人賞を受賞。

2014年山田洋次監督「小さいおうち」では第64回ベルリン国際映画祭最優秀女優賞を受賞

2015年本広克行監督「幕が上がる」では舞台出身ということで、演劇部の顧問役を演じ、重要な役どころで存在感を見せつける。

TBSドラマ60周年記念企画「天皇の料理番」で東京ドラマアワード2015で主演女優賞を受賞し、映画「母と暮せば」では日本アカデミー賞の最優秀助演女優賞を受賞し史上2人目の連覇を達成しています。

代表作

舟を編む

幕が上がる

ソロモンの偽証

母と暮せば

リーガルハイ(フジテレビ)

天皇の料理番(TBS)

凪のお暇(TBS)

新田真剣佑(石倉文太:いしくら ぶんた)

役どころ

みちおら裁判官をサポートする裁判所書記官の青年。裁判所書記官は、裁判の記録や調書などを作成・保管するほか、裁判所主導の現場検証を行う際にはスケジュールを調整したり、検証に立ち会って記録したりと、縁の下の力持ちとして裁判官を全面的にサポートする役割。

石倉は、書記官として適正かつ迅速な裁判運営を支える一方で、持ち前の人なつっこい性格とチャーミングな笑顔で、場を明るくもり立てるムードメーカー。

石倉は、書記官になる前からみちおのファンであることを公言しており、自由奔放なみちおをしっかりとサポートしながら、みちおに振り回されるイチケイメンバーとの間で橋渡し役として活躍しています。

また、坂間に好意を抱いており、無意識に目で追ったり、何かにつけて思わせぶりなそぶりを見せたりする場面も。

また、元傍聴マニアという一面を持ち、書記官になる前から幾度となくみちおの裁判を傍聴してきました。その中には、みちおがかつて弁護士バッジを捨て、裁判官へと転身するきっかけになった、ある事件の裁判も含まれているようで……。

石倉が傍聴席から見たみちおの知られざる過去とは?謎多きみちおの素性を知る数少ない人物として、物語のカギを握る

新田真剣佑さんのコメントを見てみましょう。

出演にあたって

今まであまり見たことのない裁判官目線のお話なので、とても興味深く台本を読ませていただきました。撮影現場では、いつも竹野内さん、黒木さんたちと一緒で、とても楽しくやらせていただいています

竹野内豊さん、黒木華さんについて

竹野内さんとは子供の頃にお会いしており、それ以来ぶりにお会いでき、こうして共演させていただけることをうれしく思っています。黒木さんとも初めてご一緒させていただくのですが、一度舞台を見させていただき、とても感動したので、今回も勉強させていただけたらと思っています

視聴者のみなさんへのメッセージ

長い期間をかけて皆で大切に撮影しています。放送をぜひ楽しみにしていただけたらうれしいです。そして、若手でありながらも懸命に頑張っている石倉の姿を、同世代の方にも伝えられたらと思っています

公式サイトより

新田真剣佑さんのプロフィール

1996年11月16日生まれ。アメリカ・カルフォルニア州出身。父は千葉真一さん、弟は真栄田郷敦さん。

名づけ親は父の千葉真一さん、「真実の剣を持って、人の右に出て欲しい」という思いを込めて命名されたそうです。

代表作品

出演ドラマ

2005年 アストロ球団

2016年 サクラ咲く

2017年 僕たちがやりました

2019年 同期のサクラ

出演映画

2016年 ちはやふる

2017年 チア☆ダン

2018年 パシフィックリム

2020年 カイジ ファイナルゲーム

2020年 とんかつDJアゲ太郎

「イチケイのカラス」は動画配信しているの?

現在はまだ公表されていません。公式発表がありしだい更新します。

フジテレビの月9なのでFODプレミアム独占配信が濃厚だと思います。

>>FODプレミアム

FODの月9一覧です

まとめ

この記事では「イチケイのカラス」の

まとめ

キャスト

プロフィール

相関図

について紹介してきました。

最後までご覧いただきありがとうございます。

「イチケイのカラス」に関する他の情報はこちらの記事で紹介していますので、ご覧ください。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください