【第4話】「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」の評判やネタバレ感想・考察をまとめました

なおまっと君

「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第4話の評判は?

「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第4話のみんなの感想はどう?

この記事を読めば「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第4話の評判やSNSの感想を知ることができます。

Nao-Matt

この記事では「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」にまつわる

記事の内容

・評判

・ネタバレ感想

・考察

このあたりを紹介していきます。

「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」に関する基本情報はこちらの記事で紹介していますので、ご覧ください。

「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第4話のあらすじ

ついに「MIYAVI」創刊号が発売され、上京してからの出来事を感慨深く振り返る奈未(上白石萌音)。改めて「MIYAVI」のページを開いた奈未は、その中の洗練されたモデルたちと比べ、ファッション業界の最先端で働いているのに最先端とは程遠い自分を痛感する。オシャレに目覚める奈未だが、そのセンスのなさに麗子(菜々緒)からは呆れられてしまう。その様子を見かねた同僚たちは、ブランドのレセプションパーティーに奈未を同行させてあげることに。しかし、そのパーティーで奈未はまた潤之介(玉森裕太)と会ってしまい複雑な気持ちに…。

そんな中、麗子は昔の上司であり、次号の「MIYAVI」で特集ページを担当する、ファッション業界のトップでクリエイティブ・ディレクターのウエクサジンコと再会する。

後日、ジンコのスタッフミーティングの場へ顔を出した奈未は、その和気あいあいとした雰囲気に感動。さらにジンコからの誘いで、ジンコの企画を手伝うことに。すると、ジンコからなぜか副社長・宇賀神(ユースケ・サンタマリア)との会食のセッティングを頼まれ…。

公式サイトから引用

全話分の感想や口コミをまとめた記事は、「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」の評判や感想・視聴率をまとめましたをご覧ください

「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」の評判や感想・視聴率をまとめました

「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第4話の感想・口コミ

みんなの反応

潤之助くんに「きゅんきゅん」はもちろんですが、中沢さんの出す、良い雰囲気も気になっている人が多数!

火曜の10時はキュンキュンですね。

「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」は動画配信しているの?

TBS系列のドラマを独占配信しているParavi(パラビ)で見ることができます。

今なら2週間無料トライアルを実施しているので、初めての方は無料で「ボス恋」を楽しむことができます。

しかもParavi(パラビ)では、Paraviオリジナルストーリー「オー!マイ・ツンデレ!恋は別冊で」を1月12日(火)より独占配信されます。

「オー!マイ・ツンデレ!恋は別冊で」とは?

主演:間宮祥太郎さん。ヒロイン:久保田紗友さん

奈未が働くファッション雑誌編集部。会社や撮影スタジオ、ある時はアフター5で巻き起こる、編集部メンバーたちの恋模様や人間関係をコミカルに描く。本編では描き切れない「もう一つの胸キュンラブストーリー」となっております。

間宮祥太郎さんのコメント

オリジナルストーリーですが撮影は本編に匹敵するくらいのボリュームで、キャストもスタッフも頑張ってます。
本編では描ききれないそれぞれの役の過ごす時間と関係性がより濃密に描かれています。中沢の吐く台詞にも個人的にすごく好きなものがいくつかあって、どんな人物なのかが表れています。
『ボス恋』と並行して「ツン恋」も、どうぞお楽しみください。

久保田紗友さんのコメント

Paraviオリジナルストーリーの台本を初めて読ませていただいた時、今まで作ってきていた遥のイメージがガラリと変わりました。いろんな意味で、弾けてます (笑) 。
本編では見られないそれぞれのキャラクターの人間らしさや個性が際立っていて、遊び心を持って楽しみながら演じさせていただいております。
さらに、登場人物達に愛着が湧くはずです。Paraviオリジナルストーリーをご覧いただいた方が、クスっと笑って、あたたかい気持ちになって下さったらうれしいです。よろしくお願いします。

まとめ

この記事では「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」にまつわる

記事の内容

・評判

・ネタバレ感想

・考察

について紹介しました。

「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」に関する情報をこちらの記事で紹介していますので、ご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください