【ボス恋】「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」のキャストや相関図を詳しく解説します

なおまっと君

「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」のキャストを知りたい

「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」の相関図を知りたい

この記事を読めば「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」に出演しているキャスト、ストーリーで大切な相関図を知ることができます。

ミーハーなボクが調べ尽くした情報をまとめておきました。

Nao-Matt

この記事では「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」にまつわる

記事の内容

・キャスト

・プロフィール

・相関図

・「ボス恋」の動画配信の情報

このあたりを解説しています。

「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」に関する他の情報はこちらの記事で紹介していますので、ご覧ください。

「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」のキャスト一覧と相関図

キャスト一覧

上白石萌音(鈴木奈未-すずき なみ-)

東京で暮らす幼馴染で片思い中の日置健也(犬飼貴志)を追いかけ、地方の田舎町から上京して就活中。

「仕事も恋愛もほどほどに」「普通が一番!」の奈未は、大手出版社の音羽堂出版の備品管理部の面接を受けることに。

無事に受かるも配属先は、備品管理部ではなく、鬼編集長率いる新設されたファッション雑誌編集部だった・・。

そんな鬼上司の仕事ぶりを間近で見るうちに、仕事への意識に変化が。

また、ひょんなことから出会った子犬系イケメン御曹司との恋にも振り回されて・・。

上白石萌音さんのコメント

未熟者を根気強く支え導いてくださった、恩師のようなスタッフの方々に再びお声がけいただきました。
こんなに早くまたご一緒できるとは! うれしさと妙な緊張が交錯しています。
そして「才色兼備」という言葉がぴったりのキャストの皆様。先日ポスター撮影でお会いした時、そのあまりの眩しさに「とんでもないところに来てしまった」と静かに震えました。役柄同様、私自身も目一杯吸収します。
加えて今回はオリジナル脚本です。煌びやかなファッション誌の編集部で、平々凡々な新入社員がどう変化していくのか、まだ見ぬ結末にわくわくします。楽しんでいただけますようがんばります。どうぞよろしくお願いします!

菜々緒(宝来麗子-ほうらい れいこ-)

24時間仕事モード全開のバリキャリ鬼上司。

大手出版社「音羽堂出版」でファッション誌「MIYAVI」の編集長。ヨーロッパ初の日本人編集長として雑誌「マリ・クレール」を担当していたが、「MIYAVI」創刊のためパリから帰国。

生半可な気持ちで働く奈未に対して冷たく当たる。

菜々緒さんのコメント

ドラマタイトルにもある「ボス」の大役をいただき、とても光栄に思ってます。 華やかなファッション雑誌編集部の凄腕な冷徹ドS編集長ということで、今までの強いキャラクター要素を存分に注ぎ込んで臨みたいと思います。麗子が着る素敵なファッションにも注目してみてもらいたいです。 働き方改革とは逆行するように、完璧主義で常に仕事モードの彼女が何故そうなったのか、そして彼女の弱点を聞いた時に、ちょっと意外な、実は人間味あふれる人です。 それぞれの登場人物が悩みやトラウマを抱えながらも切磋琢磨しながら、お仕事、恋愛、夢に向かって懸命に頑張っている姿を見て元気や勇気をもらえる作品にしたいと思っています。

玉森裕太(潤之助-じゅんのすけ-)

子犬系イケメン御曹司でカメラマン。超天然でマイペース、ひょんなことから奈未と出会う。

屈託のない笑顔で奈未を振り回すが、奈未の優しや温かさに触れて変わっていく。

玉森裕太さんのコメント

このドラマに参加出来ること、とても楽しみにしてます。 今回、御曹司で子犬系男子という役どころですが、子犬系男子という役をどのように演じるか、色々な作品を観て研究しています。 このドラマで皆様にキュンキュンしてもらえるように、精一杯やらせていただきます。 上白石萌音さん、菜々緒さん、間宮さん、共演者の皆様や、このドラマに携わる全ての人とこの作品を盛り上げていけるように頑張ります。

間宮祥太郎(中沢涼太-なかざわ りょうた-)

奈未が勤めることになった出版社の先輩編集者。クールでドライな性格で、奈未のことをバカにし邪魔者扱いしていたが、奈未のまっすぐな心に次第に次第に惹かれ始める。

間宮祥太郎さんのコメント

火曜ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」で、中沢涼太役を演じさせていただくことになりました、間宮祥太朗です。恐ろしいほどに世の人々をキュンキュンさせるこの枠。まさかそこに自分が存在し得る世界線があるとは思いもよらなかったです。はい。完全に油断していました。そして、もしかしたら僕自身、キュンとは無縁だと諦め、いや逃げていたのかもしれません。出来るだけ格好つけないぞ、という格好をつけていたのかもしれません。しかしこの枠、このドラマに参加させていただく以上、キュンと向き合わなければならないだろうという予感がしています。 プロデューサーの方に言われました。「かっこいい間宮さんが見たいです」 僕は答えました。「あ、えっと、はは、はい(汗)」 このドラマの撮影を通して「わかりました(余裕)」と言えるように頑張ります。 「オー!マイ・ボス!」、そして中沢涼太を楽しみにしていてください。

倉科カナ(蓮見理緒-はすみ りお-)

潤之助の幼馴染。明るく天真爛漫なプロのヴァイオリニスト。

大学卒業後にヨーロッパへと旅立っていたが、帰国し潤之助の前に現れる。

奈未と潤之助の関係に大きく関わることに・・。

倉科カナさんのコメント

出演が決まって

今回は密かに憧れていたTBSさんの火曜ドラマ「胸キュン!お仕事&ラブコメディ」に参加出来るということで私自身はとってもうれしくて、舞い上がっております。
ただ上白石萌音ちゃん演じる奈未ちゃんの恋敵に!? ということなので、もしかしたら奪いあったりしちゃうのかな…? (笑)
ドロドロするかしないかは分かりませんが、わたし演じる理緒ちゃんが作品の中で良いスパイスになれば良いなと思います。

ドラマに対する意気込み

女性が活躍出来る社会になりつつある中で、作品を通して少しでも明日を鼓舞することが出来たらと思います。
「私にとって一番大切なものは何?」と問われれば、私は「芝居」と答えます。
夢を叶えるため、手放したもの失ったものも少なからずあり、痛みを知ってるから強くなれるし、優しくもなれるのかなと最近は感じています。
夢、仕事、恋愛これまで自分の経験した、自分の中にある感情を全て駆使して役柄に命を吹き込みたいと考えております。

犬飼貴史(日置健也-ひおき けんや-)

奈未が思いを寄せる幼馴染。東京で公認会計士として働く。

犬飼貴史さんのコメント

このたび『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』に出演させていただきます犬飼貴丈です。
TBSさんの連続ドラマは久しぶりで、また新たな気持ちで現場に入って撮影ができています。このドラマは、上白石さん演じる奈未が新しい世界で色々な人、出来事に出会い成長していく話なのかなと思っています。新しいことだらけの中、幼馴染、旧知の仲というポジションで奈未の精神的支柱にもなっている健也をどのようなキャラクターにしていくのか、監督と話し合いながら作っていければいいなと思っています。
火曜日は一週間でいうと始めの方で土日が待ち遠しく感じますが、土日ではなく火曜日の『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』の放送が待ち遠しいと感じていただけるように、日置健也というキャラクターががっちりと世界観にハマるように頑張りたいと思います。お楽しみに!!

ユースケ・サンタマリア(宇賀神慎一-うがじん しんいち-)

奈未が働く出版社の副社長。「トーク力・リーダーシップ・場を和ませる力」がピカイチのスゴ腕副社長。麗子をヘッドハンティングした人物で、正反対の奈未の存在を面白がっている。

ユースケ・サンタマリアさんのコメント

久しぶりの頼れる&見守り系のおじさんです。とても久しぶりです。何年ぶりかは忘れました (笑) 。
僕はまだ少ししか撮影していませんがドラマ関係なく、萌音ちゃんを今後も見守り続けたいと強く思いました。とてもカワイイです。早く他の皆さんと共演したくてウズウズします。
“萌えおじ” 期待されているみたいですが、その期待には、しっかりと応えていきたいと思っております。
僕なりのやり方でね。ふふ。

久保田紗友(和泉遥-いずみ はるか-)

音羽堂出版の編集部アシスタントで奈未の良きライバル。

久保田紗友さんのコメント

憧れの一つでもあったファッション雑誌編集部で遥を通して働けることがとてもうれしいです。
遥は、好きなことを仕事にしているためモチベーションが高く、自分に対しての理想像も高い23歳の女性です。短い撮影期間ではありますが、華やかな世界をもがきながらも楽しんで演じられたらと思います。
上白石萌音さんとは今回初めて共演させていただくのですが、ご一緒させていただく中で、遥としても私自身としても刺激をもらいながら、編集アシスタントとして、仕事やファッションに対する一直線な想いを胸に日々撮影に挑みたいと思います。

なだぎ武(半田進-はんだ すすむ-)

音羽堂出版の副編集長。

なだぎ武さんのコメント

ここ10年ほど舞台でのお仕事を沢山させていただいていて、「この10年の舞台での積み重ねが、遂にドラマに繋がった!」という高揚感をマネージャーに悟られることなく「どんな感じのやつ?」と、冷静を保つのに必死だったのが連絡を受けた時の私でした。
芸歴は長いですが映像の作品には不慣れなことが多いので、半田がどんなキャラになっていくかは、現場で色々皆さんと積み重ねて作っていけたらなと思っています。

亜生(尾芦一太-おあし いちた-)

潤之助を崇拝するカメラアシスタント。

亜生さんのコメント

上白石萌音のバーターこと、ミキの亜生です。
ついに萌音やんと一緒のドラマに出ます。萌音やんがいてくれてほんまによかったと思ってます。
慣れない現場に仲良しがいてくれるというだけで楽しみです。玉森くんとの絡みが多いと思いますので、はやく玉森くんのことを「玉ちゃん」と呼べるくらいまで仲良くなりたいです。仲良くなって家とか行きたいです。

高橋メアリージュン(高橋麻美-たかはし あさみ-)

ライバル関係にある大手出版社の人気ファッション誌編集長。麗子に対抗心を燃やしている。

高橋メアリージュンさんのコメント

脚本を読んだ時に菜々緒さん演じる麗子の台詞がかっこよく、玉森さん演じる潤之介と上白石さん演じる奈未の胸キュンシーンなど早く映像で見たいなと思いました。
ファッション雑誌のお話なので、衣装もハイブランドだったり、とてもオシャレで心躍ります。私は (麗子の)ライバルの編集長役という事で、実際にモデル時代に見てきたことや、編集部で働く知人たちに話を聞きながら役を作っていこうと思います!

宮崎美子(鈴木真未-すずき まみ-)

奈未の母親。「普通が一番たい」が口癖で奈未の超安定志向に大きな影響を与えた。

宮崎美子さんのコメント

上白石萌音さんとは以前から「似てる似てる」と言われていて、一度共演してみたいと思っていましたが、今回本当に親子役をさせていただきます。どうでしょうか? 似てますか? ぜひご確認いただきたいです。 (上白石演じる奈未の) 実家の舞台は熊本なのですが、萌音さんも九州の方で、妹役の山之内すずさんも九州の血が入っているらしく。何となく皆似てる? と、お父さん (橋爪淳) も交えて、家族シーンは最初から良い空気感でした。
奈未は一生懸命な子なので、東京に行ってどうなるのか? お仕事も恋も心配ですが、明るく楽天的な部分もあるので、なんとかなるのかな? 普通が一番、堅実な人と一緒になるのが良いと、幼き頃から叩き込んできたので、大丈夫でしょうかね。とにかく、娘の頑張りを遠く熊本から見守っていますので、皆様もぜひ一緒に見守ってください。応援よろしくお願いいたします。

橋爪淳(鈴木義郎-すずき よしろう-)

奈未の父親。書店を営みながら、小説家になる夢を諦められず家族に苦労をかけ続ける。

橋爪淳さんのコメント

橋爪淳です。
この度、『大恋愛』『恋つづ』に引き続き、この『ボス恋』に出演させていただくことになりました。娘役の萌音ちゃんが中学生のころ、ミュージカル「王様と私」の旅公演でご一緒していたので、成長した萌音ちゃんを見る度に本当にうれしくて仕方ありません。なので、父になるには時間はかかりませんでした。
私は小説家を夢見る書店の店主、いつか最高の小説を書きあげて有名な書店に平積みされることを夢見ています。「どんな小説を書いているんですか?」を宮崎美子さんに聞かれ「官能小説です」と答えたら笑われました。とにかく最高に楽しいドラマです。ぜひご覧になってください。

山之内すず(鈴木多未-すずき たみ-)

奈未の妹。奈未とは正反対の今ドキな女子高生。

山之内すずさんのコメント

萌音さんの妹役という素敵な役をいただけてすごくうれしいです。『恋つづ』をめちゃくちゃ見ていたので不安もあったのですが、初めてのGP帯ドラマに出演させていただくので、精一杯頑張ろうと思っています。「鈴木家」は自分が思う理想の家族だなと思いました。初めての撮影なのに、本当の家族のように安心感がありました。すごくドキドキしながら現場に向かったので、温かく迎え入れていただけて、本当にうれしかったです。萌音さんは愛らしくて可愛らしい方だなと思いました。身長差も含めて、妹さん (上白石萌歌) に似ていると言われてとてもうれしかったです。
このような素敵な作品に携わらせていただけるということで、しっかりと奈未の妹、多未になれるように頑張っていきたいと思いますし、この作品は恋愛の部分や、姉妹の関係や、家族の温かさもポイントだと思いますので、そこを大事に、作品にちゃんと入り込めるように頑張っていきたいなと思っています。

「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」の相関図

音羽堂出版の「MIYAVI」編集部での、奈未がまわりに影響を与えながら成長していく姿や、潤之助や幼馴染の健也との恋の関係にもキュンキュンさせられそうな本作。

まさに前回大人気の「恋はつづくよどこまでも」チームがおくる最高傑作に仕上がっていそうです。

お楽しみポイント

・奈未と麗子の鬼上司と部下の関係

・奈未と潤之助との恋の行方

・潤之助と理緒の関係

・奈未の実家、すずき書店でのやりとり

・麗子と宇賀神の関係

・麗子と麻美とのライバル関係

主演キャストのプロフィールまとめ

上白石萌音

1998年1月27日生まれ。鹿児島市出身。AB型。

2011年「東宝シンデレラオーディション」で審査員特別賞を受賞し、グランプリを受賞した2歳年下の妹・萌歌と東宝芸能へ所属。

2014年周防正行監督の「舞妓はレディ」で第38回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。す方監督に「平成のオードリー・ヘップバーン」と称されるほどの歌唱力・演技力

2016年にはアニメ「君の名は。」でヒロインの宮水三葉の声を担当。

2020年「恋はつづくよどこまでも」で主演を演じる。

女優と歌手のどちらも器用にこなしながらも、愛嬌のある性格が人気

菜々緒

1988年10月28日生まれ。埼玉県大宮市出身。O型

2009年総合格闘技団体「戦極」のラウンドガールを勤め、2010年「レースクイーン・オブ・ザ・イヤー」を受賞し「non-no」の専属モデルへ。

2011年「GINGER」の専属モデルから、歯に衣着せぬ物言いとキャラクターによってバラエティ番組に出演するよになり、11月に「ウレロ未確認少女」で女優デビュー。

「菜々緒スタイルブック」と「1028_24」のスタイルブックで超絶美脚がトレードマークになる。

「テレビに出ている時は「可愛い」や「綺麗」と言われるより「面白い」と言われる方が嬉しい」と語っていて、その姿勢がテレビ関係者からも高い評価を得ている。

玉森裕太

1990年3月17日生まれ。東京都出身。B型

Kis-My-Ft2のメンバー。2009年映画「ごくせんTHE MOVIE」に出演。

2013年には「信長のシェフ」や「ぴんとこな」で主演を務める。

ドラマ「リバース」や「グランメゾン東京」ではドラマ大賞やドラマアカデミー賞で助演男優賞を受賞している演技派のジャニーズアイドルです。

間宮祥太朗

1993年6月11日生まれ。横浜市出身。O型

中学生時代には読者モデルとして活躍。

2008年「スクラップ・ティーチャー」で俳優デビュー。その後もNHK連続ドラマ小説「半分、青い。」に出演し、映画監督を目指すダメ夫ブリが話題に。

2020年には大河ドラマ「麒麟がくる」で明智光秀と共に本能寺の変を引き起こす明智左馬助を演じることが発表されている今話題の俳優さん。

倉科カナ

1987年12月23日生まれ。熊本県熊本市出身。O型

2006年「ミスマガジン2006」でグランプリを受賞。2009年にはNHK連続ドラマ小説「ウェルかめ」に1775人の応募者から選ばれヒロインに抜擢。23年ぶりにミスマガジン出身者がNHK連続ドラマ小説のヒロインに選ばれ話題になる。

その後も木曜ドラマ「それでも、生きていく」や「奪い愛、冬」「俺の話は長い」映画「3月のライオン」など多数の作品に出演。

犬飼貴史

1994年6月13日生まれ。徳島県出身。O型

2012年第25回「ジュノン・スーパーボーイ」でグランプリを受賞。

2014年昼ドラマ「碧の海-LONG SUMMER-」で俳優デビュー。

2017年「仮面ライダービルド」で主演を演じる。

2019年にはNHK連続ドラマ小説「なつぞら」にも出演を果たし、映画「ぐらんぶる」では竜星涼とW主演を努める

ユースケ・サンタマリア

1971年3月12日生まれ。大分県大分市出身。B型

ラテンロックバンド「BINGO BONGO」のボーカルとして活動開始。まだ無名時代にウルフルズのトータス松本と共にスペースシャワーTVの2時間生放送「夕陽のドラゴン」の司会を務める。その後、篠原ともえとの「カロゴンズ」やビートたけし・トータス松本との「ぢ・大黒堂」などで知名度を上げ、草彅剛との「ぷっすま」では深夜番組ながら20年間つづく長寿番組となる。

ドラマでは「花村大介」で連続ドラマの主演を果たし、2002年には「アルジャーノンに花束を」で知的障害の難しい役どころもこなす。2004年には体調不良で休業するもカンバックした後は仕事をセーブしながらも俳優業を中心に活躍し、最近では「わたし、定時で帰ります。」「ドクターX」「テセウスの船」「麒麟がくる」など重要な役どころも上手にこなす俳優。

久保田紗友

2000年1月18日生まれ。北海道札幌市出身。A型

なだぎ武

1970年10月9日生まれ。大阪府堺市出身。A型

亜生

1988年7月22日生まれ。京都府京都市出身。A型

高橋メアリージュン

1987年11月8日生まれ。滋賀県大津市出身。A型

宮崎美子

1958年12月11日生まれ。熊本県熊本市出身。O型

橋爪淳

1960年10月13日生まれ。東京都出身。O型

山之内すず

2001年10月3日生まれ。兵庫県神戸市出身。O型

「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」は動画配信しているの?

TBS系列のドラマを独占配信しているParavi(パラビ)で見ることができます。

今なら2週間無料トライアルを実施しているので、初めての方は無料で「ボス恋」を楽しむことができます。

しかもParavi(パラビ)では、Paraviオリジナルストーリー「オー!マイ・ツンデレ!恋は別冊で」を1月12日(火)より独占配信されます。

「オー!マイ・ツンデレ!恋は別冊で」とは?

主演:間宮祥太郎さん。ヒロイン:久保田紗友さん

奈未が働くファッション雑誌編集部。会社や撮影スタジオ、ある時はアフター5で巻き起こる、編集部メンバーたちの恋模様や人間関係をコミカルに描く。本編では描き切れない「もう一つの胸キュンラブストーリー」となっております。

間宮祥太郎さんのコメント

オリジナルストーリーですが撮影は本編に匹敵するくらいのボリュームで、キャストもスタッフも頑張ってます。
本編では描ききれないそれぞれの役の過ごす時間と関係性がより濃密に描かれています。中沢の吐く台詞にも個人的にすごく好きなものがいくつかあって、どんな人物なのかが表れています。
『ボス恋』と並行して「ツン恋」も、どうぞお楽しみください。

久保田紗友さんのコメント

Paraviオリジナルストーリーの台本を初めて読ませていただいた時、今まで作ってきていた遥のイメージがガラリと変わりました。いろんな意味で、弾けてます (笑) 。
本編では見られないそれぞれのキャラクターの人間らしさや個性が際立っていて、遊び心を持って楽しみながら演じさせていただいております。
さらに、登場人物達に愛着が湧くはずです。Paraviオリジナルストーリーをご覧いただいた方が、クスっと笑って、あたたかい気持ちになって下さったらうれしいです。よろしくお願いします。

まとめ

この記事では「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」にまつわる

記事の内容

・キャスト

・プロフィール

・相関図

・「ボス恋」の動画配信の情報

を解説してきました。

最後に「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」に関する他の情報を書いた記事をまとめておきますのでご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください